脚長差があっても履きやすい神戸靴の中井の靴

トップページへ商品案内お店案内ご注文方法弟子のお店神戸市 靴の中井 匠の経歴神戸マイスター/日本靴医学会会員

脚長差について

脚長差とは・・・ 脚長差は骨折や脱臼などの負傷が原因で左右の脚の長さが異なる場合と、
日常の姿勢や歩くときの癖によって徐々に骨格が縮んで片方の脚が長くなる場合があります。
いずれにしても脚や腰に負担がかかるため、脚長差は腰痛の原因となることがあります。

以下にご紹介するような脚長差を補う靴を履くことにより、脚長差を補高することができます。

また屋外だけでなく、室内でも脚長差を補うサンダルなどをご利用することをおすすめいたします。

脚長差のある方にはこんな靴がおすすめです

足の長さが異なる人用の靴  
脚長差がある方用の靴1
靴底にインソールを入れることで、脚長差のある方でも、快適に歩くことができます。
脚長差がある方用の靴2
その他にも前が深いもの、バンドのある靴でしたら脚長差のある方も楽に履くことができます。
デザインはご相談ください。
脚長差があり、外反母趾の方用の靴

外反母趾で親指が人差し指に重なるのを防ぐため、中に鼻緒があり、脚長差(足の長さの差)を埋めるために左足に1.5cmの高さ調整をしています。

この靴は中井松幸が卓越技能者章を受賞した時に出品した靴です。

外反母趾対策として、中につけられた鼻緒

脚長差がある方用の室内履き
脚長差がある方用に高さ調節をした室内履きです。
家事や洗濯、近所へのお買い物などに便利です。

※ご注文から完成まで2ヶ月程かかります。
ご注文/お問い合せ 電話:078-811-9453

トップページ商品案内お店案内ご注文方法弟子のお店神戸市 靴の中井 匠の経歴
商品詳細脚長差 装具が必要な方 リュウマチ/ポリオ 外反母趾 リンパが降りて腫れる 手縫の詳細